老猫に必要な1日の摂取カロリーは?年々、老猫は必要な摂取カロリーが少なくなるので給与量には注意が必要!

猫を飼っている方にとって、毎日与えるキャットフードの量が本当に適正な量なのかどうかということはとても気になりますよね。特に老猫の場合には、若い頃と比べ必要な摂取カロリーは少なくなるので注意が必要です。今回は老猫の摂取カロリーについて一緒に勉強していきましょう。

老猫になると必要な摂取カロリーは少なくなる!

7歳から8歳の老猫になってくると、見た目はそんなに変わっていなくても若かった頃よりも運動量が減り、内臓の機能も低下し始めます。そのため、若かった頃と同じ分量のキャットフードを与え続けると、摂取カロリーが多すぎて肥満になってしまう恐れがあります。

特に老猫になると脳や神経の衰えから食事量を自分で加減することができなくなり、多く与えすぎると食べすぎてしまうこともあります。

成猫だった頃には体重1キロあたり80キロカロリーが必要ですが、老猫になると1キロあたり60キロカロリーでも十分です。ただし急に量を減らしてしまうと欲求不満になってしまうこともありますので、徐々にキャットフードの量を減らしていくことが大切です。

必要な摂取カロリーの計算方法は体重×60キロカロリー!

老猫の一日に必要な摂取カロリーは体重×60キロカロリーです。そのため、5キロの猫には300キロカロリー、6キロの猫には360キロカロリーが目安です。キャットフードにはそれぞれ100グラム当たりのカロリーが表示されていますから、そこから一日に必要な分量を計算しましょう。

100グラム当たり375キロカロリーのキャットフードの場合には、1キロカロリーは100÷375でおよそ0.266グラムになります。体重が5キロの猫の場合、必要なカロリーは300キロカロリーですから、一日に与える分量は300×0.266で80グラムになります。6キロの猫には360×0.266で96グラムになります。

老猫になると一度に食べられるキャットフードの量が少なくなる!

老猫になると一日の食事回数はそれぞれ個体差はあるものの、1回から4回に分けてあげるのが理想的です。回数については、1回の食事で食べるキャットフードの量が少ない猫には、その分だけ回数を増やしてあげましょう。その際には体重から計算した必要な摂取カロリーに合わせて食事回数と分量を調整し、キャットフードを与えすぎて肥満にならないようにすることが大切です。

また、特に15歳を超えるような老猫になると一日の中の食欲のムラが激しくなることもあります。そのような場合には毎日特定の時間を決めてキャットフードをあげるよりも、気が向いたときにいつでもキャットフードを食べられるように工夫してあげるとよいでしょう。

まとめ

・若かった頃と同じ分量のキャットフードを与え続けると、摂取カロリーが多すぎて肥満になってしまう!
・老猫の一日に必要な摂取カロリーは体重×60キロカロリー!
・一度に食べられるキャットフードの量が少ない猫には回数を分けて与える!