健康な猫がキャットフードを吐く原因とは!?早食い、食事が合っていない、病気、対処法

健康であるにもかかわらず猫がキャットフードを吐いた場合、体内のちょっとした問題や深刻な病気までさまざまな原因が考えられます。猫はもともと病気をしていなくてもよく吐く傾向がありますが、油断せず猫の状態を観察する必要があります。今回は猫がキャットフードを吐いたときの注意すべき状態と対処法について一緒に勉強していきましょう。

健康な猫が吐く原因と対処法

健康な猫が食事後に吐くのは、まずキャットフードが体質に合わない、大きすぎるといったキャットフード自体の問題が原因となる場合があります。対処法はキャットフードの出し方の工夫です。

キャットフードには肉や魚メインのものと穀物メインのものがありますが、穀物メインのキャットフードだと肉食動物である猫は体内構造上、消化不良を起こしやすくなっています。穀物メインのキャットフードを与えた後、吐いた場合はすぐに肉や魚メインのキャットフードに変えてあげましょう。

また、ドライタイプのキャットフードを与えてから吐いた場合は粒が大きすぎることが考えられます。細かく砕いてから与えてみましょう。他には長毛種の猫に多く該当しますが毛玉が胃に残っていることも吐く原因になります。こまめにブラッシングをしてあげましょう。

早食いもキャットフードを吐く原因に

早食いもキャットフードを吐く原因になります。喉に詰まらせたり消化不良を起こしたりして吐いたケースも少なくありません。猫は食べる物をよく噛まずに飲み込む傾向があるので、なおさら喉に詰まらせるリスクが高いのです。食事中一気にキャットフードをたいらげるタイプの猫の場合、キャットフードの与え方に気を付ける必要があります。

まずはキャットフードを少しずつ盛り付ける対処法として、いつも与える量を何回かに分割して、1度に大量に食べるのを防げます。早食い防止用のお皿を使う対処法もあります。お皿の中に障害物があるので、それらを避けるためにキャットフードをゆっくり食べさせることができます。

病気が原因でキャットフードを吐いた場合

健康な猫でも嘔吐がみられますが、もちろん病気が原因でキャットフードを吐いてしまう場合もあります。1日に何度も吐いたり、下痢や便秘、食欲不振など嘔吐以外に症状がみられたりする場合は食道炎や腸閉塞など消化器系の病気が考えられます。対処法は早めにお医者さんに診てもらうことです。

キャットフードを吐いたときの猫の状態もチェックしておくことが大切です。嘔吐物に血液が混ざっているか、寄生虫とみられる虫が混ざっているかなどを確かめてください。毛玉が消化器に詰まる「毛球症」の場合、吐こうとしてもうまく吐けない傾向があります。そのときは唾液を流す症状が出ます。気付いた点はお医者さんに伝えましょう。

まとめ

・健康な猫がキャットフードを吐いたら対処法としてキャットフードを変え、早食いの猫には早食い防止用のお皿で食事させる!
・嘔吐以外の症状があったら病気を疑い、お医者さんに診てもらう。嘔吐物に異物があったらその旨を伝える!