猫の軟便、下痢はキャットフードが原因かもしれない!原因と解決方法を紹介

猫の軟便や下痢の原因と解決方法

愛猫のお腹の調子が悪く、軟便や下痢に悩まされている猫の飼い主さんも多くいらっしゃると思います。今回、猫の軟便や下痢で悩んでいる飼い主さんに、日々の軟便や下痢を改善できる方法をご紹介します。

猫が軟便や下痢を起こしてしまう主な原因は、下記のようなことが挙げられます。

現在のキャットフードが合っていない

猫がほとんど消化できない穀物が多く含まれているキャットフードを食べている場合に起こる可能性があります。

猫は穀物を消化する体内構造になっていない為、穀物が主原料のキャットフードを与え続けていると、消化不良を起こしがちです。

解決法:グレインフリーキャットフードを与えてみましょう

穀物が原因と考えられる場合にはグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを与えてみて様子をみてみましょう。

穀物入りのキャットフードから突然グレインフリーキャットフードにすると、それが原因で下痢などが起こる場合もありますので、通常のキャットフードの入れ替えのように、少しずつ混ぜて、1~2週間ほどかけて完全に入れ替えてください。

なお、グレインフリーキャットフードにすることで、うんちが匂ったり、コロコロのうんちよりも若干湿ったうんちになる場合があります。これは人間が肉ばかりを食べた後の便と同じで、匂いも柔らかさもほとんどは正常なものです。時間の経過とともに少しずつ整っていきます。

食物アレルギーが発症している

猫も人間と同じで個々に食物アレルギーを持っている場合があります

アレルギーの原因がキャットフードの主原料であるチキンや魚である場合もあり、アレルゲンを取り除いた食事にしない限り、軟便、下痢が続いてしまいます。

病気などが疑われない場合には、キャットフードの成分を確認し、食物アレルギーではないかを確認してみてください。

解決法:食物アレルギーと思われる原材料を除いたキャットフードに切り替える

食物アレルギーの原因を突き止めることは簡単なことではありませんが、主原料であるチキンや魚などから調べ、添加物など順に細かいものまでチェックしていくといいでしょう。

ストレスによるもの

日本では猫の飼育頭数が犬の飼育頭数を上回り、猫ブームとなっています。

猫は一匹でいる分にはストレスを感じにくい生き物ですが、複数の猫が同居している場合には、テリトリーや餌、トイレなどでストレスを感じやすくなります

飼い主がいて全てのお世話をできる環境が整っていれば最小限のストレスで済みますが、ひとり暮らしなどで留守にする時間が多い場合は、猫もストレスを感じやすく、下痢などを発症する場合があります。

解決法:ストレスケアをしてあげる

日中のストレスケアとしては、キャットタワーやトンネルなど、猫が自宅で遊ぶことができつつ、ひとりになれる場所を用意してあげましょう。段ボールなども有効です。

まとめ

  • 猫の軟便や下痢の原因は、キャットフードやストレス過多によるものが多い
  • 猫の軟便や下痢は、キャットフードの切り替えやストレスケアで改善できる