キャットフードの合成着色料とは?危険性と猫に与える影響

合成着色料が与える影響

市販されているキャットフードの中には商品の見た目を良くする為に着色料が使われているものがあります。

着色料は天然着色料と合成着色料にわかれ、青色1号、赤色102号などと表記されている着色料が合成着色料です。

日本国外では禁止されている着色料も国内では使用可能

基本的には日本政府によって使用許可の出ている安全な着色料ですが、日本国外では禁止されている合成着色料が日本では許可されているものもあります。

その中には発がん性があるものや、アレルギーを誘発すると言われているものがあります。

合成着色料とは

合成着色料は人工的に作られた着色料で、石油やタールから合成される「食用タール系色素」が一般的です。

日本国内で使用許可のあるタール系色素

  • 青色1号、青色2号
  • 赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号
  • 黄色4号、黄色5号
  • 緑色3号

中でも欧州では赤色40号、赤色102号、黄色4号、黄色5号は自主規制対象となっています。

キャットフードに使われている主な合成着色料

赤色102号

別名、ニューコクシンと言われる赤色の合成着色料。ガンやアレルギーを引き起こす原因にもなり、アメリカやカナダ、ヨーロッパンの一部の国では、使用が禁止されています。また、マウスを使った実験では、赤血球の減少、食欲の減退により、心臓や肝臓が体重と比較して重くなったとの報告もあります。

赤色106号

別名、アシッドレッドと言われる赤色の合成着色料。ガンや染色体異常を引き起こす原因にもなり、日本以外の国は使用が禁止されています。

黄色5号

別名、サンセットイエローFCFと言われる橙色の合成着色料。喘息や蕁麻疹、鼻詰まりなどアレルギーを引き起こす原因になります。この合成着色料は、アメリカやヨーロッパでも使用が許可されています。

青色1号

別名、ブリリアントブルーFCFと言われる青色の合成着色料。アレルギーを引き起こす原因になります。ほぼ世界全体で使用されていて、リスクは低めです。

合成着色料を摂り続けることによる影響

前述した合成着色料が含まれるキャットフードを摂取することによって、猫の健康にすぐに影響が出るかと言われれば、それはNOだと思います。

しかし合成着色料を長年摂り続けることは、猫の健康にとって、プラスに働くことはありません。逆に、ガンやアレルギーのリスクを高めるマイナス面しかないので、愛猫の健康を気遣うのであれば、合成着色料をしていないキャットフードを与えてあげましょう。

猫はキャットフードを色で判断することはほぼなく、臭いで判断するので、キャットフードの色は飼い主が判断するためだけに使われていると理解しておきましょう。