キャットフードのおやつとは?おやつの種類と与え方

食事をすることは大切ですが、一日に決められた分しか食べられないと、小腹が空くことがあります。猫も同様に食事と食事との間が長かったり、量が少ないと小腹が空くこととなり、そのようなときにはおやつを与えて、小腹を満たしてあげましょう。

キャットフードのおやつとは

猫用のキャットフードの中でも食事とは違う、おやつに分類されるキャットフードがあります。

おやつはペットフードの目的が間食とされているもので、食事としての栄養素は考えられていないため、猫にとっての嗜好品として、間食やコミュニケーションのための食事として利用します。

ペットフードの目的とは?表示項目からみるキャットフードの与え方を教えます

2016.08.26

おやつの種類

キャットフードのおやつには様々な種類があります。現在はアルミパッケージに入っていて、飼い主が持ったまま与えることのできるセミモイストタイプのおやつが人気があります。

セミモイストタイプ

現在大変に人気なタイプとしてはセミモイストタイプのおやつが挙げられます。細いアルミの袋状のものに入っていて、先を切ってセミモイスト状のキャットフードをちゅるちゅると出して、猫に与えます。

飼い主が手に持って与えることもできることから、コミュニケーションの道具としても使われます。

ドライタイプ

ドライタイプは普通のドライフードとの違いが出にくいので、二重構造にして中にまるでチョコレートのようなフードを入れて指向性を高めたりと試行錯誤がされているものがあります。

またおやつとしての嗜好性を高めておきながら、歯磨き効果を与えて、猫の口内環境改善を行うおやつもあります。歯磨き効果には一定の堅さが必要なのでドライタイプで作られています。

ウェットタイプ

缶詰に代表されるウェットタイプです。ほとんどが水分なので水分を摂取しない猫に水分を取らせたい時にも利用できます。

自然食品タイプ

鰹節やささみ、フリーズドライした食品など自然食品のタイプがあります。そのままあげたり、食欲のない時にドライフードにかけたり混ぜたりすることで、食欲増進に繋げます。

おやつを与えるタイミング

猫におやつを与える時間は決まっていませんが、食事と食事の間は小腹が空いていることが多いです。しかしこのような時間に与えるときには注意が必要であり、食後や食前に与えた場合には、おやつにあまり興味を示さなかったり、食事を残してしまうこともあるので気をつけましょう。また、おやつはご褒美に与えることも効果的になります。

爪切りや耳掃除、ブラッシングや目薬を差すなどに、嫌なことをされた後に、ご機嫌を取ることに与えることも、選択肢の一つになります。また、おやつにはハミガキ効果のあるものもあり、普段からハミガキを行なっていなかったりする場合には、そのようなものを与えることにより、嫌な思いをさせずに歯をきれいにすることができます。