猫のうんちの匂いはキャットフードで変わる!食物繊維がポイント

うんちが匂うのは当たり前です

猫のうんちが臭いのは、猫も人間も一緒で、身体から排出される排泄物なので、臭いのは当然です。

肉量の多いグレインフリーはうんちが臭い

もちろんお腹を壊しているなど病気の時は除いて話を進めます。健康時であれば、穀物など食物繊維の多い食事の方がうんちの匂いは少なくなります。

グレインフリーなど肉量の多いキャットフードの方がうんちの匂いは強く、やや柔らかめのうんちになります。

これは人間と同じで、肉を取れば匂い、野菜ばかり食べていれば軽く匂いの少ないうんちが出ます。

うんちの臭いを軽減するには食物繊維入りを選ぶ

適度に食物繊維の含まれたキャットフードを食べることでうんちの匂いは軽減することができます。

しかし食物繊維で消化不良には注意

しかし食物繊維や、食物繊維にもなる穀物によって消化不良を起こすと、うんちは匂うようになりますので、愛猫に合ったフードを与えることが大切です。

もし食物繊維の多いキャットフードを与えているにもかかわらず、うんちの匂いが強い場合には消化不良を疑ってみましょう。

乳酸菌入りのキャットフードも選択肢に

穀物入りのキャットフードに乳酸菌を入れることで腸内環境の維持を実践しているグレインフリーキャットフードもあります。意外と気づかない地味な存在ですが、人間でいうビオフェルミンのような乳酸菌が原材料に書かれているキャットフードを探してみてもいいかもしれません。

まとめ

  • 穀物など食物繊維の多いキャットフードはうんちが匂いにくい
  • グレインフリーのキャットフードはうんちの臭いが強め
  • 乳酸菌が配合されたキャットフードやサプリメントで腸の調子を整えよう