キャットフードの酸化を防ぐおすすめの保存方法!

キャットフードの保存大原則

キャットフードに限らず、食品は空気に触れることにより、酸化が進み、味が変化したり、栄養素が徐々に失われたりします。

まずは、キャットフードの保存大原則をしっかりと覚えましょう!

  • 直射日光を避ける
  • 高温多湿を避ける
  • しっかりと密閉する

キャットフードを保存するにあたり、この3つのルールを最低限守っていれば、愛猫の為に買ってきたキャットフードの味・栄養素を最低限保つことができますので、愛猫の健康の為にも実践してあげて下さい。

キャットフードのおすすめ保存方法

タッパーや袋に小分け保存

キャットフードをしっかりと密閉できるタッパーやジップロックに1週間の分量で常温保存。その時に『脱酸素剤』を一緒に入れるのがポイント!

脱酸素剤とは、お菓子の袋の中などに入っている『食べられません』と書かれた、小さくてつるつるとしたあの白い袋です。

この脱酸素剤を一緒に入れることにより、無酸素状態を作り出すことができ、酸化の進行を防ぐことができます。また、脱酸素剤は三菱ガス化学が販売している、エージレスという商品が一番有名で、Amazonで100個あたり900円前後で購入できますよ。

キャットフードの袋をそのままフードストッカーに入れて保存

キャットフードの中身を袋から出さずに、フードストッカーにそのまま保存するこの方法は、フードストッカーと袋の両方で密閉と日差しの遮断ができます。

私の使っているフードストッカーは、フタの内側に脱酸素剤をセットできるスペースがあったり、しっかりと密閉できる作りになっているので、とても使いやすくて便利ですが、袋のまま保存しているので、キャットフードの減り具合が瞬時に分からないのが、ちょっと不便なところです。

キャットフードの中身だけをフードストッカーに入れて保存

この保存方法は、先ほどの逆で、キャットフードをフードストッカーに直接入れるので、キャットフードの減り具合が瞬時に分かるので便利です!また、しっかりと密閉できる構造になっているので、匂いが多少きつい、キャットフードの匂いもしっかりとブロックしてくれます!

真空容器で保存

真空容器での保存は、初回購入時の費用は多少かかりますが、脱気する為の真空ポンプが付属されています。この真空ポンプを使って、定期的に脱気することにより、しっかりと密閉することができ、キャットフードを常に新鮮な状態でキープすることが可能です。

しかし、ほとんどのキャットフードは開封後1カ月以内に食べ切ることを推奨されているので、1日あたりの給餌量を考慮し、1カ月以内に食べ切るように心掛けましょう。

まとめ

  • キャットフードの酸化防止の為、タッパや真空容器を利用し、密閉して保存する
  • 保存場所は直射日光があたらない、暗所で保存する
  • あまり負担にならないよう、自分に合った保存方法を実践する