キャットフードは人間が食べられるようには作られていません

「人間が食べられるクオリティ、ヒューマングレードの食材を使っている」キャットフードはたくさんあります。

実際にキャットフードを製造するために集める食材は全て人間が食べることのできる食材を集めていますが、できあがったキャットフードを人間が食べてもいいかというとそういうことではありません。

また、そうではない安価なキャットフードの場合はそもそも人間が食べられない食材を使用していることもあり、そもそも人間が食べられるようには作られていないキャットフードもあります。

人間が食べられない食材を使用しているキャットフードがある

キャットフードには家禽ミールなど人間が食べることができない原材料が使われているキャットフードがあります。

例えば、家禽ミールには舌、筋肉、皮、腱、神経、毛、骨、内臓、糞便、血管や脂肪を含む場合があります。

こうした家禽ミールも高温で処理され、滅菌された状態でキャットフードとして製造されています。

このため、異常のないキャットフードであれば、もしこうしたキャットフードを人間が食べてもすぐに健康に害があるという訳ではありませんが、だからといって決して食べていいものという訳ではありません。

家禽(かきん)ミール、ミートミールとは?狂牛病の原因にもなった4Dミートに注意

2016.12.02

人間の食べ物には使用してはいけない添加物が添加されている場合がある

また、発がん性が確認されている酸化防止剤がペットフードに使われている場合があります。

詳しくは以下の記事で紹介していますが、BHAやBHT、没食子酸プロピルなどは注意が必要です。

避けておきたいキャットフードの添加物・酸化防止剤はこれだ!

2016.08.26

人間用と動物用の食べ物の原材料や添加物の基準は同じではない

「ヒューマングレード」や「人間が食べられる食材を使用」などといった宣伝文句で人間が食べても安心なように見えることもありますが、決して「人間が食べても大丈夫」と書かれているわけではありません。

ヨーロッパでも「人間が食べることのできる食材を使用」という記述はOKですが、「人間が食べることができるキャットフード」という記述はできないことになっています。

少しでも信頼できるメーカーのものを選びましょう

信頼できるメーカー選びというのは非常に難しいところがあります。

信頼に足るだけの研究を行い、レシピを考案し、そのレシピを使ってペットフード製造会社に製造を委託しているペットフードメーカーは多くあります。

自社工場を持っていて、企画、レシピ考案から製造までを自社で行っている会社も数多くあります。

また獣医師が開発、監修に関わっているメーカーもあります。

人気があり、どこでも販売されているキャットフードはそれだけでも顧客からのクレームや提案が蓄積されていると言えます。

このようにメーカーによって考え方や取り組み方、製造方法が違いますので、自分に合ったメーカーを調べてみましょう。