家禽(かきん)ミール、ミートミールとは?狂牛病の原因にもなった4Dミートに注意

大半の飼い主さんたちは市販のキャットフードをあげていると思います。しかし市販されているキャットフードには、猫の健康に悪影響を及ぼす材料がたくさん使われていることを知っていますか?

ここでは注意すべき原材料の中でもミートミールについて紹介したいと思います。

ミートミール

ミートミールとは動物の肉意外に、血、体毛、蹄、角、皮膚、糞や胃など、本来は食べる必要が無い、食べないものを含んだ粉末状の肉副産物と言われるものです。

家禽(かきん)ミールや肉副産物などと表記されることもあります。

しかもキャットフードに使用されているミートミールの多くは、以下に紹介する4Dミート、

  1. Dead:死骸
  2. Diseased:病気
  3. Dying:死にかけ
  4. Disabled:障害のある

この人間が食べてはいけない本来は廃棄処分されるべきものを使用しています。

化学殺菌を行っている場合もあります

こうした原材料を使用するため、加熱殺菌だけではなく、化学殺菌処理を行う場合もあります。

狂牛病の原因になったミートボーンミール

最大の問題となったのはBSE(狂牛病)です。これらミートミールは高熱で処理することで完全に殺菌しますが、狂牛病の原因になる異常プリオンは加熱処理や化学殺菌処理にも抵抗性があり、飼料製造工程において感染力がなくなりません。

これによって狂牛病大流行の引き金になりました。

日本では安全確認の徹底を行っています

日本では豚、鶏、牛由来の肉骨粉などを使用したペットフードを製造する場合は、独立行政法人農林水産消費安全技術センターの立ち入り検査による製造基準適合確認を受ける必要があります。

輸入製品に対しても牛由来の肉骨粉を原料として使用しないように指導の徹底が行われています。

チキンミール、サーモンミールなどの表記の意味

家禽ミール、ミートミールを使用していない場合の表記は、鶏肉、サーモンなど特定できる表記を行うか、チキンミール、サーモンミールなどといった表記をします。

チキンミールやサーモンミールなど特定できる原材料の後ろにミールが付いている場合は、そのほとんどが「乾燥肉」であることを表しています。

この場合はミートミールとは違い、鶏肉の乾燥肉、サーモンの乾燥肉を表しているとがほとんどです。