国産と海外のキャットフードのメリットとデメリット

生産国で選ぶキャットフードの選び方

キャットフードにも国産と海外産があります。味や栄養バランスについてはメーカーで変わってきますので、ここでは食品としての安全性を中心として勉強していきたいと思います。

日本の場合、食品の安全性については諸外国よりも高いのですが、ペットフードの基準はペット先進国であるヨーロッパなどに比べると追いつかないものがあります。それを表しているひとつに、日本のペットフード公正取引協議会の規約は日本独自のものではなく、AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の栄養基準に従っています。

この点が海外産のキャットフードが人気になっている理由のひとつです。基準が厳しい国のもの、特にイギリス産やドイツ産などヨーロッパ産のキャットフードは人気が高いです。

さらに付け加えると添加物の有無だけではなく、キャットフードに使われている食品が育てられている過程に使用された農薬なども重要になってくるので、チェックはかなり難しくなります。ただ食品の安全基準が厳しい国ほど安心して選ぶことができるでしょう。

国産キャットフードのメリット、デメリット

食品の安全性で考えると日本の場合はかなり厳しい基準が設けられていますが、ペットフードに関しては人間の食の安全は当てはまりません。国民性から倫理観として守られているところが多分にあり、法律でしっかりと守られているというところまではいっていないというのが現状です。

価格の安さ

遠くヨーロッパから輸入するためには輸入費用や管理費用など多くの資金が必要です。しかし日本の場合はそのほとんどが国内かアジアで作られています。人件費の安いアジアで製造したものを日本で販売するので、コストは非常に抑えられ、価格も低く抑えることにつながっています。

トラブル対応の良さ

国産を選ぶメリットとして、トラブルがあった際の対応が早いことがあげられます。問題が起これば苦情受付のレベルの高い日本で、日本語でも対応してもらえますし、すぐに回収という方法がとられますので安心できるでしょう。また輸送の間の品質管理も気にしないで済みますし、保管に関しても同様に考えられます。

日本の猫に合わせた栄養バランスや味

大きなメリットのひとつですが、日本の猫の飼育状況に合わせた栄養バランスになっている商品も多くあります。海外では外を自由に歩く回ったり、広い家で飼育されている猫も多いですが、日本の場合、特に都会ではそうも行きません。

そうした世界的にも特殊な飼育事情を反映したキャットフードの製造にも長けています。

日本の四季に合わせた保存力

キャットフード自体はドライフードならどれも水分が10%以下となっていて、カビにくく、保存の効くように製造されていますが、一番の違いはパッケージです。海外産のキャットフードに比べて日本のキャットフードのパッケージは品質がよく、湿気対策もしっかり考えられたパッケージが多いです。

日本で企画された海外製造の商品の場合は、袋も日本用に企画されて湿気対策にしっかり密閉できるパッケージもあります。

日本産だからといって原材料が国産とは限らない

デメリットのひとつですが、製造国が日本であっても、原材料の全てが国産である可能性は低いです。輸入国がどこであるか、特に中国産の原料を使っていないかは確認しておくといいと思います。

外国産のメリット・デメリット

国産に比べて食品の安心度がやや劣るイメージがある海外産のキャットフードですが、例えばアメリカでは日本国内よりも成分表示が厳しく定められているので、安全なものが見つかりやすくなっています。ヨーロッパでは工場での生産規格も厳しく定められているところが多いため、安心・安全なキャットフードが多く存在しています。

非常に高規格で作られているものが多い

厳格な製造規格に沿って作られているキャットフードが多い点が魅力です。特にペットに対する考え方が進んでいるヨーロッパでは、ペットフードに関する考え方も進んでいて、ペットフードの製造工程、表示義務、表示方法など厳しい取り決めがあります。

これらは日本ではまだまだ追いついていないところで、ヨーロッパやアメリカが進んでいる点のひとつです。

キャットフードのレシピが豊富

グレインフリーを始め、オーガニックフード、ナチュラルフードやプレミアムフードといった考えはヨーロッパやアメリカから発信されることが多く、非常に豊富なレシピがあります。また、日本のように原材料が固定されていないので、カンガルーの肉やうさぎ肉、鹿肉など日本では余り食べられない肉のキャットフードも多く販売されています。

輸出入、管理のコスト

海外産のキャットフードは、製造国から日本への輸出が必要ですし、それによる管理も重要です。また国産のように必要分だけ作れるものではないことから、定期的に輸入し、保存しておく必要もあります。これらのコストが価格に反映され、高価になりがちです。

中国産原料の使用

中国産の原材料を使用している工場もまだまだ多いのが現状です。もちろん各社でしっかりと管理した上での使用ですが、安定した原材料の確保のためには中国産原材料が必要な工場もあり、各原材料の製造国まではわからない場合が多い点も注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です