子猫用キャットフードの与え方!月齢で与え方や給与量を変えよう

子猫用(キトン)キャットフードのポイント

子猫は月齢に合わせて食事を与えていきます。

猫にとって最も栄養を必要とする期間のひとつで、子猫用のキトンは成猫用に比べると栄養価も高くなっています。

また、総合栄養食のキトンはそれだけを与えていれば栄養的には問題がなく、与えやすいこともポイントのひとつです。

こうした子猫用キャットフードの与え方について解説します。

子猫用(キトン)キャットフードは高栄養

キャットフードは子猫用と成猫用と分かれています。子猫は体を作るために成猫以上の栄養素が必要です。そのため、キャットフードを購入するときは、高栄養の子猫用のキャットフードを購入してください。

またオールステージ用というキャットフードもあります。これは子猫から老猫まで全年齢の猫対応フードです。パッケージの裏に子猫が必要な給与量が描いてあるのですが、成猫より与える量が多く記載されているはずです。書かれている給与量を目安に1日3~5回に分けて与えてください。

月齢によって違うキャットフードの与え方

乳歯が生えていない子猫

乳歯が生えていない子猫の場合は、子猫用のミルクを2~3時間おきに与えます。そして乳歯が生えてきたら離乳食に切り替えていきます。離乳食は離乳食用の缶詰や、キャットフードをトロトロになるまでふやかします。食事回数は3~5回に分けて与えます。

2ヶ月頃

2ヶ月頃からキャットフードのふやかし具合をカリカリの状態に近付けるように少しずつ代えていきます。2~4ヶ月頃の子猫は必要とする摂取カロリーが成猫の約3倍近く必要としますが、一度にたくさん食べることができないので、3~5回に分けて与えます。

4ヶ月以降

4ヶ月~6ヶ月頃の子猫は成長スピードが落ち着き、さらに12ヶ月までに子猫の体格を見て給与量を調整します。

大型猫の場合

ただし大型猫の場合は3年で成猫になると言われています。この場合は半年経ってもまだまだ成長しますので、上記で紹介した限りではありません。

年齢による摂取カロリーの違い

子猫が一日に必要とする摂取カロリーの目安は下記のとおりです。

月齢必要カロリーの目安
2ヶ月未満体重×200kcal
2ヶ月~4ヶ月体重×130~150kcal
4ヶ月~6ヶ月体重×100~130kcal
6ヶ月~12ヶ月体重×80kcal

子猫により個体差があるので、あくまでも目安としてください。キャットフードのパッケージの裏に、体重と年齢別で給与量が書かれていますので、それを参考に与えてもらえば問題ないです。

参考にする時も、絶対その量を与えるのではなく、愛猫の体つきを見て痩せ気味なら追加したり、ぽっちゃり気味なら減らしたりと、飼い主さんの判断で加減を行ってください。