キャットフードには様々な効果を狙った商品があります

キャットフードには様々な効果を狙った商品があります

紹介する種類には総合栄養食のものもあれば、間食として利用するもの、療法食として利用するもの、そのどれにも当たらないものと様々な目的のキャットフードがあります。

実際に目的にあうキャットフードをお店で探してみてください。

歯磨き

噛むだけで歯を磨いてくれる効果を期待した商品があります。

一般的に「オーラルケア」というジャンルで販売されており、総合栄養食もありますが、スナックや主食に混ぜて与えるものも多く販売されています。

毛玉ケア

主に長毛種の猫に代表される夏の抜け毛。猫は頻繁に毛づくろいをしますので、抜けた毛はどんどん体内に蓄積されていきます。一部は便と一緒に排出され、一部は猫草などを食べて胃を刺激して吐き出します。いずれにしても体内に出す必要があり、これを助けるキャットフードが毛玉ケアまたはヘアボールコントロールなどと言われています。

総合栄養食が多く、しっかり与えている間にコロコロとした便と一緒に毛も排出されていきます。

尿路結石予防

尿路結石を予防するためのフードもあります。しかしこれはストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石では原因が違うので一概にどれを使用していいというものではありません。

ストルバイト結石の場合は尿がアルカリ性になることで結石になる病気ですが、シュウ酸カルシウム結石は尿が酸性になることで結石になり、全く逆の状況です。

またシュウ酸カルシウム結石はストルバイト結石のようにpHコントロールで溶解することができず、手術で取り出す必要がありますので注意が必要です。

ダイエット・肥満対策

多くの飼い主が一度は手に取る肥満対策のキャットフード。食物繊維を多くして満腹感を与えつつ、脂肪はグッと抑えめにした商品が多く販売されています。またダイエットによって皮膚被毛や骨、関節への影響がないようにケアする成分が含まれていたりします。

消化器系サポート

人間でも胃腸が弱い人がいるように、猫にも消化器系が弱い猫がいます。そうした猫に向けた消化器系をサポートするキャットフードがあります。消化器に負担をかけないように消化性を高くし、可溶性の繊維で腸内輸送をサポートしながら綺麗に保ち、便秘も解消していきます。

アレルギー食

アレルギーが出にくくするために加水分解たんぱくを使用した低分子プロテインフードなど、アレルギーのある猫に向けたアレルギー対応食があります。アレルギーにも多くの種類がありますので、それらに合わせた多様な種類で猫にアレルギーが出ないように誘導してあげることができます。

その他の効果的なキャットフード

このほかにも腎臓や肝臓のサポート、糖コントロールなど病気にも対処していくような療法食も多数あります。

愛猫にあったキャットフードを見つけるのは大変なことですが、先人たちの苦労の末できあがったキャットフードもたくさんありますので、是非一度探してみるといいと思います。