猫の目やにの理由!アレルギー性の場合はキャットフードで改善されることも

猫の目やには、キャットフードを代えることで改善できるか確認しよう!

愛猫の目やにで悩まされている飼い主さんはいませんか?

猫の目やには、猫がもっとかかりやすい病気の一つで、一番早く治す方法はかかりつけの動物病院に行って、医師の診断のもと目薬を処方してもらうことですが、動物病院に行くのもお金がかかることなので、今回は日頃の生活や食事を意識することで、猫の目やにを出来る限り改善できる方法を紹介します。

目やにがでる理由

うちの猫も、たまに目やにが出ますが、目やにの主な原因は下記のようなことが考えられます。

  • 涙の中に含まれる粘液に、目に入ったゴミなどが混ざり、老廃物として出てくる
  • 結膜炎による目の炎症
  • アレルギーを発症

老廃物として目やにが出る

目やにが老廃物として出てくることは、猫だけでなく、人間でも同じことが起こります。このときにチェックしておきたいポイントが、目やにの色です!猫の目やにの色が赤や茶っぽい色であれば、正常な新陳代謝をしている証拠なので特に問題ありません。

結膜炎を発症している

目やにの色が白色や黄色の場合には、細菌やウイルスに感染し、結膜炎になっている可能性が高いので、直ちに動物病院に受診するようにしましょう。

この結膜炎は、猫同士の喧嘩や自分の爪で目を引っ掻いたときになることが多く、うちの猫も子猫のときに一度、結膜炎になったことがあって、あのときはマジで焦りました(苦笑)

アレルギーを発症している

猫のアレルギーの中でも、特に多いのがハウスダストによるアレルギーや食物アレルギーです。猫のハウスダストによるアレルギーは、室内で飼われている猫がよく発症するのですが、主な原因は、自宅全体の空気の汚れ、ほこり、ダニ等が原因なので、日頃から猫が暮らしやすいように自宅全体を掃除し、綺麗な空間を保っていきましょう。

また、猫の食物アレルギーは、全ての猫が発症するわけではありませんが、発症する場合には生後6か月を過ぎた頃から発症するケースが多いと言われています。その原因も特定されているわけではありませが、同じキャットフードをずっと食べ続けたこと、胃腸の消化が悪いもの、添加物が多く配合されたキャットフードを食べてしまったことなどが原因として考えられています。

この食物アレルギーの場合は低アレルギー性のキャットフードに代えることで、アレルギーを改善できる可能があります。

食物アレルギーの場合は低アレルギーのフードに変える

目やにがよく出る猫はキャットフードが合っていないことも原因の一つかもしれません。

添加物やミートミールなど猫の健康に良くないキャットフードが目やにを増進させている可能性もあるので、猫の健康にも配慮し、キャットフードは無添加のものや、消化性が高いグレインフリー(穀物不使用)のものに代えることも考えてみましょう。

まとめ

  • 猫の目やには、猫がもっともかかりやすい病気の一つ
  • 猫の目やにの色が、白または黄色の場合はすぐに動物病院へ
  • 低アレルギーや無添加のキャットフードに代えて、猫の目やにを改善