猫の軟便、下痢の原因をまとめて紹介!

猫の軟便、下痢

猫の軟便、下痢は必ずといっていいほど経験する病気のひとつです。人間と同じように多くの原因で軟便の症状を起こしますので、ひとつずつ紹介したいと思います。

食事が原因

食べ過ぎや早食いによる消化不良で軟便や下痢を引き起こす場合があります。

風邪や感染症などの病気

猫はウイルス性の病気にかかると、ほとんどのケースで軟便、下痢の症状がでます。

また寄生虫が原因の場合もあります。

内臓疾患

内臓に病気がある場合には軟便、下痢の症状はでやすくなります。また、疾患とまでは言わなくても働きが弱くなってくると必然的に消化不良が起き、軟便の症状が出ることがあります。

内臓の動きは年齢にも関係してきますので一概に病気ということでもありませんので、毎日愛猫の様子をしっかりと観察するようにしましょう。

ビニール袋などの誤食

ビニール袋を食べても大概の場合は糞便と一緒に上手に排出しますが、排出できずに胃腸の中に残り、消化不良を引き起こしている場合があります。

腸閉塞を引き起こす場合もあり、危険性が高い場合は手術によって取り除くことになります。

キャットフードによるアレルギー

例えばチキンが主成分のキャットフードは多くありますが、そのチキンがアレルゲンとなって軟便を引き起こしている例もあります。

キャットフードの消化不良

猫がほとんど消化できない穀物が多く含まれているキャットフードを食べている場合に起こる可能性があります。

猫は穀物を消化する体内構造になっていない為、穀物が主原料のキャットフードを与え続けていると、消化不良を起こしがちです。

ストレス

猫は一匹でいる分にはストレスを感じにくい生き物ですが、複数の猫が同居している場合には、テリトリーや餌、トイレなどでストレスを感じやすくなります。

飼い主がいて全てのお世話をできる環境が整っていれば最小限のストレスで済みますが、ひとり暮らしなどで留守にする時間が多い場合は、猫もストレスを感じやすく、下痢などを発症する場合があります。