猫風邪とは?感染経路、症状、治療法

猫風邪とは

猫風邪とはウイルス感染による人間の風邪の諸症状のような症状が現れる病気です。

感染経路

猫風邪は飛沫感染によって感染します。このため風邪をひいた猫が集団にいると一気にほとんどの猫が猫風邪を発症します。このため家を出入り自由の猫は感染しやすいと言えます。

ウイルスの種類

またウイルスの種類もヘルペスウイルス、クラミジア、カリスウイルスの3種類で、いつも必ず同じ症状とは限りません。ウイルスによって発症する症状は異なり、場合によっては病気を発症するケースも考えられるので、感染した原因を知ってそれに合わせた正しい治療をすることが大切です。

これらのウイルスは、生後2~3ヶ月程度の猫は特に感染しやすいとされているので注意が必要です。

ウイルス別の症状

猫風邪のウイルスは一般的にヘルペス、カリシウイルス、クラミジアの3種類のウイルスによって引き起こされるといわれています。

ヘルペスウイルス

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 角膜炎
  • 結膜炎

ヘルペスウイルスの場合は、症状が人間の風邪に似ています。

そのほかにも結膜炎や角膜炎といった目の症状も表れることがあります。重い症状になると目が開けられないほど目やにが付着することがあるので、取り除いてあげることが必要になります。

カリシウイルス

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 口内炎
  • 舌の炎症

カリシウイルスの感染によって風邪になると、風邪の諸症状以外に口内の炎症が起こります。

口臭やよだれの量にも影響しますので、口の症状に注目して判断しましょう。

クラミジア

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 角膜炎
  • 結膜炎
  • 口内炎
  • 肺炎
  • 多発性関節炎

クラミジアは風邪の諸症状に加え、目、口、さらに肺炎や関節炎まで起こし、猫風邪3種の中でも最も症状の多いウイルスです。

免疫力の低い子猫が感染すると脱水症状などの症状で重篤化しやすく、呼吸器官の未発達により肺炎も起こりやすくなります。

子猫の場合は特に早い受診が大切です。