猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)について。食事との関係性

猫エイズとは

猫エイズとは1986年に発見されたウイルスで、免疫不全を引き起こし様々な症状が現れる病気です。

交尾やケンカなどの際の体液の接触による感染が原因であり、確率は低いものの母子感染をすることもあります。

時期を経る病気であり、下痢や風邪などの比較的軽い症状が1カ月~1年続く急性期、一旦、症状が治まりますが、ウイルスが潜伏している無症状キャリア期、そして口内炎や口臭などの口腔系の疾患や体重の減少、風邪が治らない、嘔吐、皮膚炎などの症状が現れるエイズ発症期と段階を経ます。

免疫力がさらに落ちると肺炎やガンなど、臓器にダメージを与えます。

猫同士の舐めあいや食器の共用ではほぼ感染しない

猫エイズにかかった猫と健康な猫を一緒に飼育する場合に気にかかる点のひとつに食事があります。

猫エイズの感染力は決して強くなく、舐めあいや食器の共用程度ではほとんど感染しません。空気感染をすることもありません。

なので食事に関しては極端に気にする必要はありません。

一番の感染はケンカと交尾時のかみつき

オス同士のケンカでの血液の接触感染は大きな感染源のひとつですが、交尾の時にオス猫がメス猫の首に噛みつくことで、唾液を介して感染するケースが多いとされています。

猫はケンカをする前に、自分の方が弱いと感じた猫はケンカを避けようとし、強いと感じた猫は必要以上に攻撃をしません。これはお互いに怪我をすることを避けるためです。どんなに強くても怪我が命に係わることを猫は本能的に知っているからです。

しかし交尾は子どもを産むための生理的現象であり、正しい行為のひとつなので、止める術がありません。

しかし母子感染の可能性は低いとされています。しかし感染しないわけではなく、胎内感染、産道感染、母乳感染の可能性があります。

猫エイズにおすすめのキャットフード

猫エイズに効果があるキャットフードというものは存在しません。そして猫エイズは発症しなければ通常の猫と同じです。陽性であっても一生発症しない場合もあります。

意識するとすれば、健康な体作りを考え、腸内環境を整え、新陳代謝を促し、少しでも免疫力が育つ可能性を信じた食事を意識することが大切です。

しかし何よりも病院に行って、その時々の症状に合わせたキャットフードを与えるようにしてください。