キャットフードは人間が食べても大丈夫?品質によって人間が食べてもOKなものとダメなものがある!

食事で使う木製のスプーンとフォーク

こんにちは!キャットフード勉強会会長の鈴木です!

猫ちゃん人気でグルメや健康をPRしたキャットフードが大量に出回っています。カリカリだけでなく、半生タイプのものやスープに浸ったウェットなタイプまで、見た目もとても美味しそうなものばかりです。ついつい味見してしまいたくなるキャットフードも多いですが、今回は実際に人間が食べても大丈夫なのか、一緒に勉強していきましょう。

美味しそうな名前に騙されない

キャットフードに記載されている原料名を見たことはありますか?○○ミートや○○ミールなど美味しそうな名前が並んでいます。キャットフードの主原料は穀物や肉となりますが、肉と一口に言っても、人間が普段食べる部位とは異なる部分も肉として使用されていることがあります。

例えば、舌や筋肉、皮や腱などの部位を使用することがあります。この他にも神経や血管、脂肪などを含む場合もあるのです。

猫や人間がこれらの肉を食べても、すぐに健康に害があるという訳ではありませんが、できれば消化吸収のことを考えて良質な赤身の肉や、お魚を使用したキャットフードを選択したいものです。人間でも筋肉や皮の部分を毎日食べることは少ないでしょう。

キャットフードに配合されているミートミールや添加物についてはこちらの記事を参考にして下さい。

原材料の鮮度や添加物使用も人間と同じ基準?

人間は病気で死んだ動物の肉などは食べません。しかし粗悪なキャットフードにはそんな原料が使用されていることがあるのです。更に、品質を良く見せるために様々な添加物を使用することがあります。

添加物は人間の食事にも多く含まれるものですが、人間同様に猫の体に良いものではありません。特にウェットなタイプのキャットフードなどはカビや腐敗を防ぐために添加物が必要です。

また、粗悪な原料のキャットフードの場合、形や色をきれいに見せる、良い香りを付けるなどの目的で多くの添加物が必要となります。安価なキャットフードには粗悪な原料や大量の添加物を使用したものが多いので注意しなければなりません。

人が食べるのと同じ品質を求めるなら信頼できるメーカーのものを

食料品は安全で新鮮な国産を!と考えている方は多く、人間の食料品選びと同様に国産のキャットフードは人気があります。しかし、動物の食事についてはヨーロッパが先進国で、安全についての考え方や栄養バランスの研究は日本よりずっと進んでいるのです。

人間と同じくらいの食品管理基準で作られるキャットフードもあり、猫ちゃんの健康を気にする多くの飼い主に支持されています。鮮度の良い生の肉や魚、胃や腸の働きを良くする目的のハーブや乳酸菌を配合した人間顔負けの健康フードを販売しているメーカーもあるので、キャットフードメーカーのサイトなどで確認してみましょう。

まとめ

・名前だけではわからない原材料は要注意!人間の体に良くない食品や添加物はキャットフードでも避けるべき
・国産が良いとは限らず、外国のメーカーでも人間が食べられる品質で製造されているキャットフードを選ぶべき