キャットフードに含まれる、動物性油脂や植物性油脂は健康上良くない!?

植物性油脂

キャットフードに含まれる動物性油脂や植物性油脂とは?

普段、皆さんが購入されているキャットフードのパッケージの裏面を見ると、原材料名の欄に動物性油脂や植物性油脂と言った言葉が記載されているのを見たことはないでしょうか。

今回、この動物性油脂や植物性油脂とは一体どんなものか?猫の健康にどんな影響があるのか?私なりにまとめてみました。

動物性油脂とは?

まず、キャットフードの原材料によく使われている動物性油脂とは、動物の体内に含まれている脂のことです。例を挙げると、スーパーのお肉コーナーに売っている牛脂がこれにあてはまります。

この動物性樹脂は、酸化や劣化が早いのが特徴です。腐敗した動物性樹脂を含んだキャットフードを与え続けると、最悪の場合、鼓腸症、癌、肝臓病、心臓病などに罹るリスクがあると言われています。

また、パッケージの原材料名に記された動物性樹脂の詳細が全く書かれていない場合には、特に注意が必要です。

原材料の詳細を記載できないなんて、情報公開すると何かマズいことがあることの証拠です。原材料の説明がきちんと記されていないキャットフードは出来るだけ買うのを控えた方がいいでしょう。高品質で安全性の高いキャットフードであれば、原材料名について何も隠すことがないので、きちんと使用した材料の情報を詳しく載せています。

植物性油脂とは?

植物性油脂は、植物の中に含まれた脂肪を抽出、精製した油のことです。代表的なものとして、コーン油、大豆油、オリーブ油、フラックスオイル(有機亜麻仁油)、グレープシードオイルなどあります。

この植物性油脂は、動物性油脂と比較して、酸化や劣化が遅いのが特徴的です。動物性油脂のように酸化防止剤を使わなくても大丈夫なので、一般的には植物性油脂の方が安心だと言われています。

しかし、植物性油脂だとしても、全てのものが安心だとは言えません。高温による圧搾法にでは、製造工程の段階で、必要な栄養素であるビタミンやミネラルが大きく失われてだけでなく、猫ちゃんの健康に害を及ぼす可能性のある薬品を使われている可能性があります。

従って、猫ちゃんにとって好ましいのは、熱を加えず、冷圧法によって抽出・精製された植物性油脂を与えることです。冷圧法によって作られた植物性油脂は、必要な栄養素であるビタミンやミネラルが失われず、必須脂肪酸も残っているので、猫の健康にとっても良いものです。

また、植物性油脂の中でも、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスがとれている、フラックスオイル(有機亜麻仁油)やグレープシードオイルを出来る限り選ぶようにしましょう。

まとめ

・動物性樹脂は酸化や劣化が早く、摂り続けると病気のリスクをある!
・植物性油脂は動物性油脂に比べて、酸化や劣化が遅い!
・植物性油脂の中でも、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスがとれたものがいい!