総合栄養食のキャットフードを混ぜるのはやめよう!肥満や栄養が偏る危険あり

猫

「メインの効果が違うキャットフードを買って、キャットフードを混ぜる」例えば、肥満も気になるけど、毛の排出も気になるから、「肥満用とヘアボールコントロールを買って混ぜる」といった考えがよぎるかもしれません。この考えはの是非を調べました。

主食としてのキャットフード

昔は飼い猫にあげる食事は残飯が多いものでした。これは必要に迫られて飼っていたからで残り物で十分という認識だったのです。しかし昨今は愛玩用であり、ある意味では家族同然やそれ以上の存在となっているので、食事にも気を遣うようになっています。特に家猫の場合は種類や年齢に合わせてキャットフードを選ぶのですが、ここでひとつの疑問が生じてきます。

最初はお気に入りの品を見つけるためにさまざまなメーカーの品を購入しますが、その際に混ぜることは可能なのか気になるでしょう。パッケージには特に注意書きをしていないので禁じられているわけではありませんが、しかしながらキャットフードの効能を考えてみると、ひとつの結論にたどり着くはずです。

体調管理を考えるなら

最近のキャットフードは猫の種類によって、さらには年齢、病気によってなどさまざまな目的に合わせて作られています。そして特徴としては、その一品だけで栄養バランスが整っていることで、それ以上に余計な食べ物を与えないほうが健康のためには良いのです。だからできるだけ単品を与えた方がいいのですが、食事というのは栄養だけを考えて摂取するものではありません。

味や楽しみも重要なもので、栄養バランスがいいからといってひとつのメーカーのキャットフードだけを食べていては飽きてしまいますし、猫も食事の楽しさを得られないでしょう。そういった時に変化をつけるなら、まずは同じメーカーの他のタイプにするのがよく、変えた後はしばらく様子を見てください。

混ぜることは推奨されません

キャットフードはそれぞれメーカーが味や栄養バランスを考えてブレンドしていて、単品を食べさせれば問題はありません。それゆえ余っているから、残っているからといって他のものと混ぜないほうが健康にはいいでしょう。

ただ病気になってフードをお気に入りのものから変えなければいけない、そういった時に口をつけてくれない時は、少量だけ混ぜて味を馴染ませてあげることも大切です。猫に限らず小動物は一食を抜いてしまうと体調不良に陥りやすいので、病気で慣れ親しんでいるフードを変える必要があって食べてくれない時は、例外として混ぜてみましょう。愛猫の体調管理は飼い主の役目で、正しい知識を持って行うことが、健康を守り寿命を延ばすことにつながります。