キャットフードに含まれる、ミートミールや添加物はめっちゃ危険!?その危険性についてご紹介します。

キャットフードに含まれる添加物やミートミール

ミートミールや添加物を多く含んだキャットフードを食べ続けると、猫にどんな影響が出てくるのか?

日頃、猫ちゃんを飼われている飼い主さんたちは、どのような食事を猫ちゃんにあげていますか?健康面を考えて、手作りの食事をあげている方もいると思いますが、大半の飼い主さんたちは市販のキャットフードをあげていると思います。

実は、市販されているキャットフードには、猫ちゃんの健康に悪影響を及ぼす材料がたくさん使われているんです!

要注意(1)ミートミール

キャットフードを買うとき、パッケージの裏面に書かれている原材料の中に『ミートミール』という文字を見たことはないでしょうか?

この『ミートミール』、皆さんが想像するようなちゃんとしたお肉じゃないんです!!

ミートミール』は美味しいお肉の部分ではなく、動物の血、体毛、蹄、角、皮膚、糞、胃など、本来は食べる必要が無いものを含んだ粉末状の副産物なんです!

しかも、キャットフードに使用されているミートミールの多くは、4Dミート(①Dead:死骸の②Diseased:病気の③Dying:死にかけの④Disabled:障害のある)と言われる、人間が食べてはいけないレベル本来は廃棄処分されるべきものを使用しているんですよ。私はこのことを知った瞬間、ぞっとしたことを今でも鮮明に覚えています(汗。。)

私が猫ちゃんの立場で、ミートミールを含んだキャットフードを毎日食べ続けたら、すぐにはならないかもしれないけど、いつか必ず体を壊して病気になる自信があります!!

要注意(2)添加物

前述のミートミールだけでなく、キャットフードに含まれるもので、もう1つ注意したいのが『添加物』です!添加物という言葉は、皆さんもよく聞くと思います!

私たち人間が食べるもので、添加物を多く含むものの代表例と言えば、ファーストフードのハンバーガー、コンビニのお弁当、カップラーメンなどがあります!これを毎日食べ続けると想像して下さい!確実に不健康まっしぐら!ですよね(笑)

人間の健康に悪いものは、猫にも同じく悪いものなので、 赤色3号(エリスロシン)や 赤色102号(ニューコクシン)などの人工着色料、風味付けの為の合成調味料などを含んだキャットフードは、猫の健康上良くないので、極力選ばないほうが賢明です。

ミートミールや添加物を含むキャットフードを食べ続けると・・

もし、先ほど説明したミートミール(4Dミート)や添加物を含む低品質なキャットフードを猫ちゃんが食べ続けたら、どうなるでしょうか?皆さんも想像に難くないでしょう!

次のような危険性があります!

・腎臓病や肝臓病などの病気にかかりやすくなる

・猫ちゃんの口臭や便臭が日を追うごとに臭くなる

・アレルギー持ちになる

・栄養失調や体調不良になる

このように、ミートミールや添加物を含んだキャットフードは、間違いなく猫の健康には良くないものです!

愛猫の健康を気遣ってあげるのであれば、低品質で安いキャットフードを与えるのではなく、多少値段は高くなりますが、無添加で高品質の肉や魚を主原料とするキャットフードをあげて下さい。それがあなたにとっても、愛猫にもとっても、ベストな選択になるはずです。

まとめ

・ミートミールは肉の部位では無く、肉以外の血や胃などを混ぜた危険な副産物!

・人工着色料や合成調味料などの添加物も、猫にとって危険な食べ物!

・愛猫の健康を気遣うなら、無添加・高品質のキャットフードをあげよう!