国産と海外のキャットフードのメリットとデメリット

海外のキャットフード

猫を飼っている人にとって、食の安全性は重要なテーマになるでしょう。最近は手作りの餌ではなくキャットフードを与えることが多いのですが、国産と海外からの輸入物があり、それぞれについて学び選択する必要が出てきます。

生産国で選ぶキャットフードの選び方

猫の餌としてキャットフードがありますが、大きく分けて国産と海外産で分かれます。味や栄養バランスについてはメーカーで変わってきますので、ここでは食品としての安全性が中心となるので注意してください。

日本の場合、食品の安全性については諸外国よりも高いのですが、ペットフードの基準はペット先進国であるヨーロッパなどに比べるとまだまだ追いつかないものがあります。この点が海外産のキャットフードが人気になっている理由のひとつです。基準が厳しい国のもの、特にイギリス産やドイツ産などヨーロッパ産のキャットフードは人気が高いです。

さらに付け加えると添加物の有無だけではなく、キャットフードに使われている食品が育てられている過程に使用された農薬なども重要になってくるので、チェックはかなり難しくなります。ただ食品の安全基準が厳しい国ほど安心して選ぶことができるでしょう。

国産のメリット・デメリット

食品の安全性で考えると日本の場合はかなり厳しい基準が設けられていますが、ペットフードに関しては人間の食の安全は当てはまりません。国民性から倫理観として守られているところが多分にあり、法律でしっかりと守られているというところまではいっていないというのが現状です。そして原材料が国産であるかどうかが重要になってきます。

国産を選ぶメリットとして、トラブルがあった際の対応が早いことがあげられます。問題が起これば苦情受付のレベルの高い日本で、日本語でも対応してもらえますし、すぐに回収という方法がとられますので安心できるでしょう。また輸送の間の品質管理も気にしないで済みますし、保管に関しても同様に考えられます。

キャットフードとはいえ食品ですから、自分の住んでいる国で生産されている方が安全性において一定のメリットもあります。また問い合わせも気楽にできるので、さまざまな面で安心感があります。

外国産のメリット・デメリット

国産に比べて食品の安心度がやや劣るイメージがある海外産のキャットフードですが、例えばアメリカでは日本国内よりも成分表示が厳しく定められているので、安全なものが見つかりやすくなっています。ヨーロッパでは工場での生産規格も厳しく定められているところが多いため、安心・安全なキャットフードが多く存在しています。

また飼い猫の種類にもよりますが、海外産の場合はその土地のキャットフードの方が体になじんでいることも多く、国産のものは受け付けない場合もあります。今はインターネットで各企業のホームページを見ることができるので、飼い猫に適したキャットフードを見つけることも容易です。

大切なポイントとして、食品成分表示の有無、農薬や化学肥料が使われているか否かといったところをチェックしていくと、完全オーガニック系のものなど安心して使えるフードも見つかります。

アメリカで製造された中国産の原材料を使ったペットフードで事故

ただし2007年にアメリカでキャットフードに中国産の原料を使ったことでペットが大量になくなった大きな事故がありました。日本でもそのペットフードは輸入されていましたが、業者の早急な回収で事故には至りませんでしたが、こうして中国産の原料、アメリカのキャットフードは敬遠される方向になってきています。