キャットフードに書かれている様々な表示項目から目的や原産国、原材料を確認しよう!

表示項目をチェック

猫を飼っている方に重宝されているのが、その食事用に作られたキャットフード。猫の身体を健康に保つことを第一に考えられたキャットフードは、手作りと違って用意する手間がかからず、栄養の偏りを心配する必要も減らせる便利な商品です。しかしキャットフードには様々な商品が販売されていますから、どれを選べば良いのか迷ってしまうことが多いといわれています。そこで購入するときに役立つのが、パッケージの裏面などの記載されている表示項目です。

どれを見れば良い?たくさんあるキャットフードの表示項目

購入するときに迷ってしまうことが多いといわれているキャットフードを選ぶときに役立つのが、パッケージの裏面などに記載されている表示項目

  • ペットフードの目的
  • 原材料

この表示項目は「ペットフード安全法」と呼ばれている法律で表示が義務化された項目と、日本の多くのペットフードメーカーが参加する「ペットフード公正取引協議会」によって定められた項目が記載されています。前者は「ペットフードの名称」、「賞味期限」など5つの項目、後者は「キャットフードであること」、「内容量」、「原産国」など9つの項目があります。キャットフードを購入するときはこれらの項目を全て確認して購入すれば猫に安心して食べさせられるといえますが、そうして選ぶことは時間がかかり大変で、忙しいときにはできないことです。

そこでこれらの項目の中から素早く確認できる項目として挙げるのが「ペットフードの目的」と「原材料」です。

目的を確認!3種類あるキャットフードの使用目的

たくさんあるキャットフードの表示項目の中から猫に安心して食べさせられることを素早く確認できる二つの項目の、まず一つ目が「ペットフードの目的」です。

キャットフードの商品に記載されているペットフードの目的には「総合栄養食」、「スナック」、「その他の目的食」の3種類があります。

  • 総合栄養食
  • スナック
  • その他の目的食

この中でスナック」は猫のおやつとして食べさせるものその他の目的食」は不足している栄養分を補うなどを目的して食べさせるものですから、毎日の食事として購入する場合は「総合栄養食を購入することになります。

目的と違うフードを食べさせると肥満になったり体調を崩したりする原因となるので注意して下さい。また総合栄養食と記載されていても注意が必要です。総合栄養食といっても猫の成長段階によって違いがあります。

例えば1歳までの成長段階にある猫用の総合栄養食はカロリーが多くなっていますから、他の年齢の猫に与えると肥満の原因になってしまいます。総合栄養食と表示されているから全ての猫に合っているわけではないので、購入の前にはよく確認し、食べさせる猫の年齢に合っているか注意して下さい。

味と材料が違う?味と材料が一致していないこともあるキャットフード

キャットフードを購入する際、時間が無いときでも猫に安心して食べさせられることを素早く確認できる二つの項目の、まず一つ目が「ペットフードの目的」でした。そして二つ目の項目が「原材料」です。

キャットフードには「カツオ味」や「チキン味」といったように味が表示されていることが多いのですが、必ずしも味と原材料が一致しているとは限りません。表示された味の材料が主な原材料でなく僅かに使われている商品や、表示された味の原材料を全く使わずそれ以外の材料を使っている商品があり、穀物にチキンミールやササミパウダーなどの調味料を使うことなどで表示されている味を実現しています。

調味料の中には猫の身体へ影響を及ぼすと報告されたものもありますから、大事な猫に食べさせるには表示されている味と原材料が一致していて、なるべく調味料が少なく使われているものが良いといえます。大事な家族の一員として大切にしている猫に健康で長生きしてもらうため、キャットフードを購入する際にはぜひ参考にして下さい。