キャットフードの効果を考え、愛猫に適した種類を選ぼう!選ぶ時に注意する点を紹介します!

肉

猫ちゃんがおいしそうにごはんを食べてる姿は見ているだけで癒されます。喜んで食べる姿が見たくてつい、いろいろな食べ物をあげたくなりますが、猫には人間の食べ物をあげてもいいのでしょうか?キャットフードが良いとか悪いとか、いろいろな噂がありますので、詳しく調べてみましょう。

猫に必要な栄養とは

ペットは家族の一員なので、食べ物も自分と同じものを与えたり、手作りのごはんをあげたいという話をよく聞きます。その気持ちはよく分かるのですが、果たしてそれで良いのでしょうか。猫に必要な栄養素は基本的なところは人間と変わらないのですが、バランスの面で大きく異なります。

重要な栄養素

  • 高たんぱく
  • 高脂質(肥満には注意)

肉食性なので、特に高タンパク、高脂肪を必要とします。ビタミンCや塩分は必要ありません。また、人間の食べ物で猫にとっては害になるものがあるので、むやみに与えることは危険です。

手作りフードについてはレシピなどもあり、与えるのは構いませんが、最適な栄養バランスにするにはかなり難しいので、必要な栄養について効果はあまり期待できないかもしれません。手作りフードを与えるのであればキャットフードと併用した方が良いでしょう。

キャットフードの種類

今はキャットフードには豊富な種類があります。一般的にはドライタイプ、ウェットタイプがよく知られています。また、幼猫、子猫、成猫、高齢猫、老猫と年齢別でも分かれています。人間と同じように年齢によって必要な栄養やカロリーが変わってきます。

栄養面とは別の用途でのキャットフードもあります。毛玉対策のものは食物繊維が通常の2倍以上含まれています。猫は毛づくろいすることで呑み込んだ毛が体内に溜まり、溜まった毛玉を吐き出しています。毛玉ケア用のキャットフードは、嘔吐を減らして便とともに排出する効果があります。

他には肥満対策用のダイエットフードがあり、低脂質になっており、病気にならないように栄養バランスが調整されています。

少し変わったものではミルクタイプ、アロマタイプなどがあります。病気ではないのに食欲がない場合など、食べやすくしたり、癒し効果を持たせたりとキャットフードも進化しています。

総合栄養食、一般食、療法食の表示に注意しよう!

健康な猫に日常的にあげるキャットフードは総合栄養食が適しているといわれます。総合栄養食はタンパク質や脂質、炭水化物などのバランスが取れた材料が入っているからです。

一般食はおやつなら補助的に与えるものです。そして総合栄養食は幼猫期、成猫期、老猫期など猫の年齢に合わせたものや、猫の体質に合わせて使い分けられるように販売されています。

また特定の病気に罹っている猫用の療養食は、栄養成分が調整されたものが配合されています。

プレミアムフードの定義

最近ではプレミアムフードをさまざまなメーカーで打ち出していますが、プレミアムとする基準は特にありませんが、主に穀物を使っていない、肉類をメインとしたキャットフードをプレミアムキャットフードとしています。ただ定義が決まっていない通り、穀物がメイン、もしくは二番目に使われているフードもありますので、個々に調べるようにしましょう。また自社の基準でより安全な素材で添加物も入れないようにしているものをプレミアムとしていることもあります。

安価なキャットフードは要注意

猫に必要な栄養バランスがとれているキャットフードも注意をする点があります。安価なキャットフードは危険な場合があります。コストを下げるために品質の良くない材料などを使用しているものがあり、特に有害というわけではありませんが、猫によっては体に合わないことがあります。

また、添加物を使用しているので、これは体に良いとは言えません。香料や着色料は不要なものですし、長持ちさせるための保存料や酸化防止剤は病気を誘発する原因になり得る場合もあります。食べ続けていると老化が進んでしまったり、見た目にも毛並みが脂っぽくベタついた感じになったりすることがあるので、今まで与え続けていたのなら注意深く観察をしてみましょう。できれば少し高くなってしまいますが、無添加のキャットフードを与えてあげて下さい。すぐに効果は見えないかもしれませんが、体に無害なものが一番です。

肉食動物が穀物メインの食事で大丈夫?

本来猫は肉食で、主にネズミを捕食して生きている動物です。しかしキャットフードの原材料のラベルを見ると、とうもろこしや小麦などの穀物が主原料のものが多いです。果たしてこれは正しいのか?と疑問を感じる方もいるでしょう。生物学的に見ると最適な栄養とはいえないかもしれません。ただ現段階では穀物を摂取していることが肥満や糖尿病などの病気に繋がるという証明はされていないのです。

それよりも脂質の摂り過ぎや食べ過ぎ、運動不足が原因だろうと考えられています。一部のメーカーでは穀物を一切使わないグルテンフリーフードを販売しているので、生物学的に正しいほうがいい方やアレルギーが気になる方はこうしたフードを使い分けるといいでしょう。

猫に最も多い泌尿器科系の病気を予防するには水分補給が大切

キャットフードのウェットタイプは水分含有量が70%程で、ドライタイプは平均10%程度しかありません。猫が泌尿器科系の病気に罹りやすいのは、水分の摂取量が足りないためだという考えもあるので、ウェットタイプのほうが猫に合っているのかもしれません。

ウェットタイプにもさまざまな種類があり、フレークタイプやパテタイプ、スープタイプ、シチュータイプに分かれています。ドライタイプと併用するかしないか、また咀嚼力があるかどうかなどで使い分けすることができます。

フレークタイプは材料の味を感じることができ、食感が良く食べ応えもあります。比較的安価ですが総合栄養食でないことが多いので、ドライタイプと合わせてあげるといいでしょう。パテタイプは魚や肉を混ぜたもので総合栄養食のことが多いですが、柔らかいので成猫よりも幼猫や老猫に適しているといわれています。スープやシチュータイプは大きめの素材が入っていて、水分が一番多く含まれています。種類が豊富にあり、また総合栄養食のものを選べばこれだけで食事が完了するでしょう。食欲がない場合は少し温めてあげることで食べやすくなります。