避けておきたいキャットフードの主な添加物・酸化防止剤はこれだ!

添加物

猫の食事用に市販されているキャットフードには、様々な添加物が使われていることが多くあります。添加物を使う場合はペットフード安全法で商品に表示することが義務付けられていますから、パッケージの裏面や側面を見ると、キャットフードにどんな添加物が使われているか確認することができます。

ただ添加物について詳しい人じゃなければどんな目的でどの添加物が使われているのか分からないので「結局見てもわからない」「猫に安心して食べさせられるかどうか不安」という方が多いといわれています。そこでキャットフードを購入するときにそうならないよう、使われることの多いキャットフード添加物について説明します。

「キャットフードの保存」が目的の酸化防止剤

キャットフード添加物を説明するとき、まず挙げられる代表的な添加物なのが「酸化防止剤」です。

  • ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
  • ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
  • 没食子酸プロピル
  • エキトシキン

有名な酸化防止剤としては、50年ほど前から使われている「ブチルヒドロキシアニソール(BHA)」や、バターや食用油脂、チューインガムなどに使われている「ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)」、マーガリンに使われている「没食子酸プロピル」があります。

発がん性を指摘されている

しかしBHAやBHT、没食子酸プロピルには発がん性があるといわれていることを知っていますか?更に、人間の食べ物には使用不可になっているエキトシキンはペットフードには配合していいことになっています。

酸化防止剤は天然由来の成分を使っているものを選びたい

これらの酸化防止剤はキャットフードが酸化して嫌な臭いが発生するのを防ぐことや、劣化を防いで保存期間を延ばすことを目的として使われています。こうして意味があって使われていて、「少量であれば問題ない」「発がん性はげっ歯目のみに限定されている」など色々な情報がありますが、出来る限り使っていないものを選びたいところです。

この酸化防止剤には人工的に作られたものと自然の材料から作られたものがあり、前者の方がキャットフードの劣化を防ぎ保存期間を延ばす効果などが高いのですが、その分猫の身体に強い影響を及ぼすことがあるといわれています。そのため後者の方がキャットフードへの効果は低くとも、猫の身体に優しいといえます。

自然由来の酸化防止剤の代表的なもの

  • ローズマリーエキス
  • ミックストコフェロール

また近年は、猫の身体に与える影響をなるべく少なくするため、酸化防止剤に自然の材料から作られた添加物を利用したキャットフードも販売されるようになっています。

使われている添加物として代表的なものに「ローズマリーエキス」や「ミックストコフェロール」があります。添加物が使われているキャットフードを購入するときは、こうした自然由来の添加物を酸化防止剤に使ったものを選ぶと安心して食べさせられるといえます。

味や香りを調整するために使われる「甘味料・香料」と「合成調味料」

  • グリシリジン
  • ビートパルプ
  • コーンシロップ

キャットフードに使われている添加物としてまず「酸化防止剤」を挙げましたが、その次に挙げられるのがキャットフードの味や香りを調整するために使われる「甘味料・香料」です。キャットフードにこれが使われている理由は、猫の食欲を刺激して食いつきをよくするためです。

使われている甘味料・香料として有名なものは、甘味を増すために使われている「グリシリジン」や「ビードパルプ」、甘味の他にキャットフードの弾力性と湿り気を増してより食欲を刺激するために使われている「コーンシロップ」があります。これらは猫の食いつきをよくする効果が高い反面、たくさん食べると身体に影響を及ぼすことがあるといわれています。ですからなるべく使われていない方が猫の身体に優しいといえます。

選ぶならなるべく添加物を使われていないキャットフードを!

  • 酸化防止剤
  • 甘味料・香料
  • 合成調味料
  • 着色料

キャットフードに使われる添加物としては、これまでに説明した「酸化防止剤」や「甘味料・香料」、「合成調味料」の他に、キャットフードの色が変色して猫に食べさせらないと判断されるのを防ぐためなどに使われる「着色料」や、「かつお味」や「チキン味」など猫の好みの味や香りを再現するために使われる「合成調味料」があります。こちらもなるべく使われていない方が猫の身体に与える影響が少ないといわれています。キャットフードを購入するときはこうした添加物が使われていることを覚えておき、なるべく使われていないものを選ぶと安心できます。