ドイツのキャットフードは安全性が高い!その理由は人間でも食べられる原材料を使用しているから!

ペット先進国のドイツ

こんにちは!キャットフード勉強会会長の鈴木です!
今回はペット先進国であるドイツのキャットフードについて一緒に勉強していきましょう!

ドイツにおけるキャットフードの実態

ドイツは動物愛護の先進国であり、住居や運動など動物が生活する上での法律が存在するほどですので、キャットフードにも厳しい審査があります。そのドイツで好まれるキャットフードとは、どんなものなのでしょうか?

ドイツで好まれているキャットフードを紹介

ドイツで人気のあるキャットフードは安全なものが多く、種類も豊富です。

ボッシュ・ザナベレは代表的なキャットフードとして人気があり、その他、スウェーデン産のボジータやオリジン、アカナ、ナチュラルバランス、毎日の主食として与えやすいアニモンダ、高品質なハッピーキャットなどがあります。

お値段もお手頃で、年齢別・体重別・疾患持ちなど様々な猫ちゃんに対して、同じブランドで数種類のキャットフードが販売されているものもあります。

また、歯・皮膚・被毛ケアのためのキャットフード、サプリメントとしてのキャットフードもラインナップされています。このようにドイツのキャットフード販売メーカーでは徹底して猫の健康のための食事が作られています。

ドイツのキャットフードに使用されている原材料

ドイツ産のキャットフードの原材料としては、ボッシュ・ザナベレでは農場で自然飼育をされた人間が食べることもできる肉を使用、穀類はドイツ農林省が認定した有機栽培のものが使われています。

ボジータには高品質で新鮮な鶏肉が使われており、オリジンでは新鮮で高たんぱくな肉を使用、穀類の使用は一切ありません。

アカナは、カナダ食品検査庁の認定を受けた肉を最高60%使用、ナチュラルバランスは栄養サプリメントが配合されています。

また、アニモンダは植物性たんぱく質を使用し、小麦や大麦は不使用です。そしてハッピーキャットはドイツなどのEU圏内の肉で、人が食することができるものを使用してます。

選び抜かれた素材を使用するドイツのキャットフード

動物の権利が守られているドイツにおいて、キャットフードは高品質で安全性のあるものでなければいけません。

各社それぞれ独自の研究開発や技術などで高品質のキャットフードを作っています。

専門分野で科学的な技術や根拠などをもとに、人が食することができないものは不使用とし、防腐剤や合成保存料、人口着色料、人口調味料などはほとんどのキャットフードに使用されていません。

また魚が苦手な猫のためのキャットフードも存在し、猫の生体を熟知した人たちが責任を持って、肉や魚、穀類や植物、野菜や果物などの厳選された食材を使用して、猫に優しいキャットフードが作られています

まとめ

・ドイツのキャットフードは徹底して猫のために作られていて、安全性が高い!

・ドイツでは独自の研究や技術で猫に優しいキャットフードが作られている!

・動物の権利が守られているドイツでは、基本的に人が食べられない食材はキャットフードに不使用!