キャットフードの国際基準「AAFCO」を満たす商品は安心?実はAAFCOの基準は最低限のものだった!

aafcoの国際基準を決める会議

キャットフードの国際基準(AAFCO)について確認しよう!

普段、愛猫家の皆さんはキャットフードを購入する際、どのような基準でキャットフードを購入されていますか?

ペットショップなどでキャットフードのパッケージを見ると、原材料名、成分、原産国名、賞味期限などの他に、『AAFCO (米国飼料検査官協会)の定める栄養基準に適合』といった文言が記載されたキャットフードを見られたことはないでしょうか?

今回、このAAFCO (米国飼料検査官協会)とはどのような協会なのか?そして、キャットフードについて、どのような基準を設けているのか?確認していきましょう。

AAFCO(米国飼料検査官協会)とは

AAFCO(アフコ)とは、The Association of American Feed Control Officialsの略称で、
日本では、米国飼料検査官協会という名称で呼ばれています。

AAFCO(アフコ)はアメリカ西部のオレゴン州に本部を置き、主にドッグフードやキャットフードなどのペットフードの栄養(たんぱく質・脂質・無機質・ビタミンなど)に関する厳格な基準や、ラベルの表示規定などを定めているアメリカの政府機関です。

アメリカでは50州ごとにAAFCOの定める基準が異なりますが、アメリカの消費者はAAFCOが定める栄養基準や商品表示をキャットフード選びの基準としています。

また、日本のペットフード公正取引協議会が定める『ペットフードの表示に関する公正競争規約』(2015年7月14日認定)も、AAFCOの栄養基準、表示規定を採用しています。

AAFCOの基準を満たしていれば、キャットフードとして安心?

果たして、AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準や表示規定を満たしていれば、キャットフードとして安心して給与できるものと言えるのでしょうか?

実は、このAAFCOの基準、キャットフードを販売する製造元に対する最低限のルールを示したガイドラインなので、この基準を満たしているキャットフードだからと言って、必ずしも、皆さんの愛猫ちゃんの健康にとって、一番良いキャットフードとは言えません。

実際に、キャットフードの製造元によっては、AAFCOが定める栄養素の最低基準しか満たしていないキャットフードもあれば、たんぱく質やビタミンなど一部の栄養素については、AAFCOの基準より多く含んだキャットフードもあります。

愛猫の為のキャットフードを選ぶ際にはAAFCOが定める基準を参考に、キャットフードの成分をしっかりと確認し、愛猫の健康に害を及ぼす可能性がある添加物、酸化防止剤、pH調整剤などの成分が含まれていないか、自分自身の目でチェックする必要があります。

私もキャットフードを購入する時は、AFFCOの基準も一応参考にはしますが、それよりも、穀物を使っていないグレインフリーのものか?原材料はどんなものを使っているのか?健康に良い成分がきちんと配合されているか?の3つを特に重視して購入しています。

以前に、国産と海外のキャットフードについて記事を書いたので、まだ見ていない方はこちらを見て下さい。

まとめ

・AFFCO(米国飼料検査官協会)の定める基準は製造者側の最低限のルールである
・愛猫の為のキャットフードを選ぶ際は、AFFCOの定める基準を参考に、キャットフードの商品成分をしっかりとチェックする